Napoléon Coste ナポレオン・コスト( 1805年 – 1883年 )Classical Guitarist【 クラシックギター 演奏、作曲家】

Napoléon Coste ナポレオン・コスト( 1805年 – 1883年 )Classical Guitarist【 クラシックギター 演奏、作曲家】.jpg

🟦   Please scroll down for English

 

 

 

ナポレオン・コスト(フランス語: Claude Antoine Jean Georges Napoléon Coste、1805年6月28日 – 1883年2月17日)は、フランスのギタリスト兼作曲家であり、ロマン時代の作曲家として知られています。

彼の甘美で感傷的なメロディーは特徴的であり、「小さなオーケストラ」と呼ばれる独奏楽器であるギターの可能性を最大限に発揮させようと試みました。

 

 

 

 

 

 

 

経歴

 

パリではフェルナンド・ソルから指導を受け、名声を得た。

しかし、当時はギター音楽の衰退期であり、作曲の出版には苦労した。

彼は7弦ギターを愛好し、一般的な6弦のクラシックギターでは原曲どおりに弾けない作品も多い。

コストの25のエチュードは、それまでカルカッシやジュリアーニらのエチュードが教育的要素が強かった一方で、芸術的で作品的な要素も盛り込まれ、ギターエチュードに新しい立ち位置を与えた。

ヴィラロボスの12のエチュードと並んで、コンサートでも頻繁に取り上げられる作品。

 

 

 

作品の特徴

 

コストはロマン時代の作曲家であり、甘美で感傷的なメロディーが特徴である。

    

    

    

生涯

 

 

 

 

 

 

 

• 1828年

ギター名手レニアーニがコンサートを催すためにヴァランシエンヌへ来た時、彼は若いコストの演奏に驚嘆し、自身の演奏会への出演を依頼した。

二人はジュリアーニの2重奏曲を演奏して好評を博した。

 

• 1830年

パリに移り、短期間でギター演奏家として、また教師として有名になった彼は、自身が感じていた欠点を克服するため、ソル、アグアド、カルリ、カルカッシといった偉大なギタリストたちと交流を持ち、ギターの研究をより深めていった。

 

• 1840年

コストは自分の作品を出版し始めたが、当時はピアノの人気が勢いを増し始めた頃であり、名声や収入面での成功には結びつかなかった。

 

• 1856年

ロシア人貴族マカロフ候により開催されたブリュッセル国際ギターコンクールに4つの作品を提出し、2等に入賞したことでギター界のみならず広く一般に知られるようになった。

当時、コストは50歳。

 

• 1863年

演奏会で階段から落下する事故に遭い、演奏家としての生命を絶たれたが、死去に至るまでに70曲余りの貴重な作品を残し、また熱烈な信奉者であるフェルナンド・ソルの教本や練習曲の改訂版の出版なども行い、ソルの作品集を後世に伝える重要な仕事をした。

 

• 1883年2月17日

生まれ故郷で没した。

 

 

 

晩年と死去

 

コストは、ギター界で知られるようになったのは遅咲きでしたが、70曲以上の貴重な作品を残し、フェルナンド・ソルの作品集を後世に伝える重要な仕事をしました。

彼は1863年に演奏活動を腕の故障によって停止させるが、作曲や教授活動は続けた。

 

 

 

代表作

 

彼の有名な作品には、「ランド・セレナード作品30」「葬送行進曲とロンド作品43」「アダージョとディヴェルティメント作品50」があります。

 

• 「25の練習曲」: カルカッシやジュリアーニのエチュードとは異なり、芸術的な要素を盛り込んだ作品で、ギターエチュードの新しい立ち位置を示した。

 

• 「演奏会用ロンド」: コンサートで頻繁に演奏される作品で、彼の技巧と音楽的な才能を示す。

 

• 「ディベルティメント」: 「ランメルモールのルチア」の主題に基づいて作られた作品で、彼の音楽的な表現力が際立つ。

 

 

 

最後に

 

彼の貢献はギター音楽の発展に不可欠であり、その遺産は現代の演奏家や作曲家によって大切に受け継がれています。

ナポレオン・コストの音楽は、その情熱と才能によって多くの人々に愛され、尊敬されています。

 

 

 

 

作品一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・25の練習曲 Op. 38
 25 Etudes, Op. 38
・二重奏曲to
 Duetto
・5月のロンド Op. 42
 La Ronde de Mai, Op. 42
・7つのスペインの小品 – 第7番 オートゥイユの夜会 Op. 23
 7 Morceaux episodiques: No. 7. Les Soirees d’Auteuil, Op. 23
・夢の夜想曲
 Reverie Nocturne
・秋の木の葉 Op. 41
 Feuilles d’automne, Op. 41
・アルプスのパッセージ Op. 27
 Le Passage des Alpes, Op. 27
・アンダンテとメヌエット Op. 39
 Andante et Menuet, Op. 39
・ヴァイグルの歌劇「スイス人の一家」の主題による変奏曲と終曲 Op. 2
 Variations et finale sur un motif favori de la famille suisse de Weigl, Op. 2
・協奏的練習曲 イ長調
 Etude Concertante in A Major
・演奏会用幻想曲Op. 6
 Fantaisie de concert, Op. 6
・演奏会用ロンドー Op. 12
 Rondeau de concert, Op. 12
・オーボエ・コンチェルティーノ
 Oboe Concertino
・オーボエ・ソナタ
 Oboe Sonata
・カヴァティーナ Op. 37
 Cavatine, Op. 37
・ソルによるギターのためのメソード全集からの練習曲
 Etudes from Complete Method for Guitar by Sor
・ギターのためのリクリエーション Op. 51
 Recreation du guitariste, Op. 51
・ギターのためのリクリエーション Op. 51 – バルカロール – サンタ・ルチア
 Recreation du guitariste, Op. 51: Barcarolle – Santa Lucia
・後悔 Op. 36
 Les regrets, Op. 36
・後悔 Op. 36 (オーボエとギター編)
 Les regrets, Op. 36 (arr. for oboe and guitar)
・交響的幻想曲 Op. 28b
 Fantaisie Symphonique, Op. 28b
・行進曲とスケルツォ Op. 33b
 Marche et scherzo, Op. 33b
・コンソラツィオーネ Op. 25
 Consolazione, Op. 25
・コンソラツィオーネ Op. 25 (オーボエとギター編)
 Consolazione, Op. 25 (arr. for oboe and guitar)
・山人の歌 Op. 34 (オーボエとギター編)
 Le montagnard in Op. 34 (version for oboe and guitar)
・ジュラの想い出、アンダンテとポロネーズ Op. 44 (ギター編)
 Souvenir du Jura, andante et polonaise, Op. 44 (arr. for guitar)
・序奏とアレグレット
 Introduction and Allegretto
・スケルツォとパストラーレ Op. 10
 Scherzo et pastorale, Op. 10
・スペインの歌によるカプリース「カチューチャ」 Op. 13
 Caprice sur l’air espagnol, Op. 13, “La Cachucha”
・セレナード Op. 30
 Grande Sérénade, Op. 30
・葬送行進曲とロンド Op. 43
 Marche funebre et rondeau, Op. 43
・大カプリース Op. 11
 Grand Caprice, Op. 11
・大二重奏曲
 Grand duo
・騎馬試合 Op. 15
 Le tournoi, Op. 15
・バレエ音楽「アルミード」のモティーフによる幻想曲 Op. 4
 Fantaisie sur un motif du ballet d’Armide, Op. 4
・フランドルの思い出 Op. 5
 Souvenirs de Flandres, Op. 5
・ベッリーニの主題による序奏と変奏曲
 Introduction and Variations on a theme by Bellini (Il pirata)
・彷徨 Op. 45
 Divagation, Op. 45
・マズルカ Op. 33
 Mazurka, Op. 33
・妖精の狩猟 Op. 29
 La Chasse des Sylphes, Op. 29
・ラ・ロマネスカ Op. 19b
 La romanesca, Op. 19b
・「ランメルモールのルチア」によるディヴェルティスマン Op. 9
 Divertissement sur Lucia di Lammermoor, Op. 9
・リゾンの泉 Op. 47
 La source du Lyson, Op. 47
・劇的幻想曲「旅立ち」 Op. 31
 Le Départ, Fantaisie dramatique, Op. 31
16 Valses favorites de Johann Strauss, Op. 7
・2つのカドリーユ
 2 Quadrilles de contradanses, Op. 3
6 Pieces originales, Op. 53
・アレグレット
 Allegretto
・アレグレット
 Allegretto [cat#: DACD-012, track 8]
・アンダンテ
 Andante
・アンダンテとアレグロ
 Andante et Allegro
・アンダンテ ニ短調
 Andante in D Minor
・ポロネーズ第2番 Op. 14
 Deuxieme polonaise, Op. 14
Etude [cat#: DACD-071, track 3]
・幻想曲 Op. 16
 Fantaisie, Op. 16
・序奏と変奏
 Introduction et variations
Le montagnard, Op. 34
Souvenir du Jura, Op. 44
Souvenirs, Opp. 17-23
・H. クローゼ: 10ののソロ(N. コストによるオーボエとピアノ編)
 10 Me solo (arr. N. Coste for oboe and piano)
・シューベルト: 死と乙女 Op. 7, No. 3, D. 531 (N. コスト、T. ホップストックによる声とギター編)
 Der Tod und das Madchen, Op. 7, No. 3, D. 531 (arr. N. Coste and T. Hoppstock for voice and guitar)
・シューベルト: Des Madchens Klage, D. 191 (2nd setting) (arr. N. Coste for voice and guitar)
 Des Madchens Klage, D. 191 (2nd setting) (arr. N. Coste for voice and guitar)
・シューベルト: Gretchen am Spinnrade, Op. 2, D. 118 (arr. N. Coste for cor anglais and guitar)
 Gretchen am Spinnrade, Op. 2, D. 118 (arr. N. Coste for cor anglais and guitar)
・シューベルト: Schwanengesang, D. 957 (arr. N. Coste for cor anglais and guitar)
 Schwanengesang, D. 957 (arr. N. Coste for cor anglais and guitar)
・シューベルト: Sei mir gegrusst, Op. 20, No. 1, D. 741 (arr. N. Coste for voice and guitar)
 Sei mir gegrusst, Op. 20, No. 1, D. 741 (arr. N. Coste for voice and guitar)
・シューベルト: 糸を紡ぐグレートヒェン Op. 2, D. 118 (N. コストによる声とギター編)
 Gretchen am Spinnrade, Op. 2, D. 118 (arr. N. Coste for voice and guitar)
・シューベルト: 糸を紡ぐグレートヒェン Op. 2, D. 118
 Gretchen am Spinnrade, Op. 2, D. 118 (arr. N. Coste for recorder and guitar)
・シューベルト: 糸を紡ぐグレートヒェン Op. 2, D. 118 (N. コストによるチェロとギター編)
 Gretchen am Spinnrade, Op. 2, D. 118 (arr. N. Coste for cello and guitar)
・シューベルト: エレンの歌 III 「アヴェ・マリア」 Op. 52, No
. 6, D. 839
 Ellens Gesang III (Ave Maria!), Op. 52, No. 6, D. 839, “Hymne an die Jungfrau” (Sung in Latin) (arr. N. Coste for voice and guitar)
・シューベルト: エレンの歌 III 「アヴェ・マリア」 Op. 52, No. 6, D. 839 (N. コストによる声とギター編)
 Ellens Gesang III (Ave Maria!), Op. 52, No. 6, D. 839, “Hymne an die Jungfrau” (arr. N. Coste for voice and guitar)
・シューベルト: 子守歌 Op. 98, No. 2, D. 498 (N. コストによる声とギター編)
 Wiegenlied, Op. 98, No. 2, D. 498 (arr. N. Coste for voice and guitar)
・シューベルト: 死と乙女 Op. 7, No. 3, D. 531 (N. コストによる声とギター編)
 Der Tod und das Mädchen, Op. 7, No. 3, D. 531 (arr. N. Coste for voice and guitar)
・シューベルト: 白鳥の歌 D. 957 – 第4曲 セレナード(N. コストによる声とギター編)
 Schwanengesang, D. 957: No. 4. Ständchen (Serenade) (arr. N. Coste for voice and guitar)
・シューベルト: 水の上で歌う Op. 72, D. 774 (N. コストによる声とギター編)
 Auf dem Wasser zu singen, Op. 72, D. 774 (arr. N. Coste for voice and guitar)
・シューベルト: 夜の歌 D. 314 (N. コスト、T. ホップストックによる声とギター編)
 Nachtgesang, D. 314 (arr. N. Coste and T. Hoppstock for voice and guitar)
・ベートーヴェン: アデライーデ Op. 46 (N. コストによるヴィオラとギター編)
 Adelaide, Op. 46 (arr. N. Coste for viola and guitar)

 

 

 

 

 

 

 

_____________________________

 

 

In English

 

 

Napoléon Coste (French: Claude Antoine Jean Georges Napoléon Coste; 28 June 1805 – 17 February 1883) was a French guitarist and composer of the Romantic period.

His sweet, sentimental melodies are characteristic, and he attempted to exploit the full potential of the guitar as a solo instrument, which he called a ‘little orchestra’.

 

 

Career.

 

In Paris, he gained fame under the tutelage of Fernando Sor.

However, guitar music was in decline at the time and he struggled to get his compositions published.

He was a great admirer of the seven-string guitar and many of his works could not be played as originally composed on the common six-string classical guitar.

Kost’s 25 etudes gave a new standing to guitar etudes, incorporating artistic and work-like elements, whereas the previous etudes by Carcassi, Giuliani and others had a strong pedagogical element.

Along with the 12 etudes of Villalobos, this work is frequently featured in concert.

 

 

Characteristics of the work

 

Cost was a composer of the Romantic period, characterised by sweet, sentimental melodies.

    

    

    

Lives.

 

 

– 1828.

When the guitar virtuoso Reniani came to Valenciennes to give a concert, he was so amazed by the young Cost’s playing that he asked him to perform in his own concert.

The two played a duet by Giuliani, which was well received.

– 1830.

He moved to Paris and in a short time had made a name for himself as a guitarist and teacher, and in order to overcome the shortcomings he felt he had, he made contact with great guitarists such as Sor, Aguado, Carli and Carcassi, and further developed his guitar studies.

– 1840.

Cost began to publish his own works, but at a time when the popularity of the piano was beginning to gain momentum, this did not lead to fame or income success.

– 1856.

Cost submitted four works to the Brussels International Guitar Competition organised by the Russian aristocrat Prince Makarov and won second prize, which made him known not only to the guitar world but also to the public at large.

Cost was 50 years old at the time.

– 1863.

His life as a performer was cut short when he fell down a flight of stairs at a concert, but by the time of his death he had left behind some 70 valuable works, and had also published a revised edition of the teaching books and exercises of his ardent follower, Fernando Sor, doing important work to pass on Sor’s collection to future generations.

– 17 Feb 1883.

Died in his birthplace.

 

 

 

Late years and death

 

Cost was a late bloomer in becoming known in the guitar world, but he left more than 70 valuable compositions and did important work in bringing the collected works of Fernando Sol to posterity.

He stopped performing in 1863 due to a broken arm, but continued to compose and teach.

 

 

 

Major works.

 

His best-known works include the Land Serenade Op 30, Funeral March and Rondo Op 43 and Adagio and Divertimento Op 50.

– ‘Twenty-five Exercises’: unlike the etudes of Carcassi and Giuliani, these works were filled with artistic elements and marked a new position for guitar etudes.

– ‘Concert Rondo’: frequently performed in concert, this work shows his virtuosity and musical talent.

– ‘Divertimento’: based on a theme from ‘Lucia di Lammermoor’, this work highlights his musical expressiveness.

 

 

Finally.

 

His contribution to the development of guitar music is essential and his legacy is treasured by contemporary performers and composers.

Napoleon Cost’s music is loved and respected by many for his passion and talent.

Napoléon Coste ナポレオン・コスト( 1805年 – 1883年 )Classical Guitarist【 クラシックギター 演奏、作曲家】.jpg
最新情報をチェックしよう!
>Guitar Lessons, Performance / Contact    ギター教室 / ギターレッスン     Tel: 070-1402-6029 (Japan)   Email: guitarsho@yahoo.com

Guitar Lessons, Performance / Contact    ギター教室 / ギターレッスン     Tel: 070-1402-6029 (Japan)   Email: guitarsho@yahoo.com

CTR IMG