セゴビアのスケール練習 / Segovia Scale C Major

segovia scale c major
🔘【 Please scroll down for English 】  

 
 

セゴビアのスケール練習 / Segovia Scale C Major

 

ok segovia c major scale
andres segovia scale c major – セゴビアのスケール練習

 

 

11/29/2023

🟦  Segovia の音階練習

 

 

  •  アンドレス・セゴビアは、“2時間の音階練習は6時間の無益な練習に匹敵する” と述べていました。
  •  音階練習は技術向上や表現力の向上に直結し、その効果は練習時間に比例するわけではありません。
  •  まずは音階の英語表記を覚えることで楽譜を理解しやすくなります

 

 

【 ドレミファソラシド → CDEFGABC 】

 

 

実際のスケール練習では、以下のポイントが重要です。

 

 

🟦   練習の最初に行う:

スケール練習はその日の練習の最初に取り組むと効果的です。

 

🟦    アポヤンドを使用し大きな音で弾く:

アポヤンドを使用し、できるだけ大きな音で弾くことで、音の強弱や表現力が向上します。

 

🟦  メトロノームの使用:

リズム感を養うためにメトロノームを使用し、均等な音量と音質を維持します。

 

🟦    適切な左手の姿勢:

左指をフレットに対して垂直に、真っすぐに置くことで、 フレット上の指が移動しやすくなります。

 

🟦    フレットの後、または真上を抑えるように練習。

 

🟦    右指を交互に使用:

右手は「i.m」(人差し指と中指)、「m.a」(中指と薬指)などを交互に使用し、均等な音を出すようにします。

 

 

 

クロマティックスケール(半音階)の練習法

 

 

  •  クロマティックスケールは半音階で上っていくスケールです。
  •  指の柔軟性や広がりを向上させます。

 

 

 

  クロマティックスケールの練習では、以下のポイントに注意しましょう。

 

 

✅ 上昇音階:

1フレットから12フレットまで、半音ずつ上っていきます。

1本の弦上での上昇音階は、4フレットまで全ての指を離さず置いたままにします。

 

✅ 下降音階:

下降の場合、1(人差し指)2(中指)3(薬指)4(小指)すべての指を一斉にフレットに置き、4の小指から順番に外しながら下降します。

• 1本の弦上での上昇、下降音階の練習によってのクロマティックスケールの練習は、 意識しなくても、次に来る音の準備が自然にできるようになります。

 

 

 

運指のバリエーションとアポヤンドの利用

 

 

🟦   i, m 以外にも、バリエーション豊かな異なる運指で練習することで、

  様々な楽曲に対応できるようになります。

 

🟦   異なる運指やアポヤンドの利用を含む実例として、以下のパターンが挙げられます。

 

 

  •  i,m
  •  a,m
  •  i,a
  •  i,m,a,m
  •  i,a,m,a など

 

 

これらのバリエーションを取り入れた毎日の継続的な練習により、演奏力の向上が期待できます。

それでは毎日5分コツコツいきましょう。

 

Suerte!

 

 

 

 

__________________________________________

 

 

 

 

 

Segovia Scale Exercises / Segovia Scale C Major

 

andres segovia scale c major – Segovia Scale Practice

 

 

11/29/2023

🟦 Segovia Scale Practice

 

 Andres Segovia said, “Two hours of scale practice is equivalent to six hours of futile practice.”
 Scale practice is directly related to the improvement of technique and expression, and its effectiveness is not proportional to the amount of time spent practicing.
 First of all, learning the English notation of scales makes it easier to understand sheet music

 

[ Doremifasolacido → CDEFGABC ].

 

 

In actual scale practice, the following points are important

 

 

🟦 Do it at the beginning of practice:

Scale practice is most effective when worked on at the beginning of the day’s practice.

 

🟦 Use an appoyando and play loudly:

Using an appoyando and playing as loud as possible will improve the intensity and expression of the notes.

 

🟦 Use of a metronome:

Use a metronome to develop a sense of rhythm and maintain even volume and sound quality.

 

🟦 Proper left hand posture:

Place left fingers perpendicular and straight to the frets to facilitate movement of fingers over the frets.

 

🟦 Practice holding down after or just above the frets.

 

🟦 Alternate right fingers:

Use the right hand alternating “i.m” (index and middle fingers), “m.a” (middle and ring fingers), etc. to produce even tones.

 

 

Chromatic scale (chromatic scale) exercises

 

 

 The chromatic scale is a scale that goes up in chromatic steps.
 It improves the flexibility and spread of the fingers.

 When practicing chromatic scales, keep the following points in mind

 

✅ Ascending scales:

The ascending scale goes from the 1st fret to the 12th fret in semitone steps.

For the ascending scale on a single string, keep all fingers on the string until the fourth fret.

 

✅ Descending scale:

 

For a descending scale, all fingers (1 (index), 2 (middle), 3 (ring), and 4 (pinky) are placed on the frets in unison, then descend by removing them in turn, starting with the pinky of 4.

 

– Practicing the chromatic scale by ascending and descending on a single string allows the player to prepare for the next note naturally, without conscious thought.

Fingering Variations and Use of Appoyances

By practicing with different fingering variations besides 🟦 i, m,

 You will be able to play a wide variety of music.

 

 

🟦 The following patterns are examples that include the use of different fingerings and apoyandos.

 

 

  •  i,m
  •    a,m
  •  i,a
  •  i,m,a,m
  •  i,a,m,a etc.

 

 

Continuous daily practice incorporating these variations will improve your playing ability.

So, let’s keep at it for 5 minutes every day.

Suerte!

 

segovia scale c major
最新情報をチェックしよう!
>Guitar Lessons, Performance / Contact    ギター教室 / ギターレッスン     Tel: 070-1402-6029 (Japan),   US (text only): 1 (203) 947-8315,   Email: guitarsho@yahoo.com

Guitar Lessons, Performance / Contact    ギター教室 / ギターレッスン     Tel: 070-1402-6029 (Japan),   US (text only): 1 (203) 947-8315,   Email: guitarsho@yahoo.com

CTR IMG